組織紹介 - ALL JAPAN STAINLESS STEEL DISTRIBUTORS ASSOCIACION

HOME > 全ス連のご案内 > 組織紹介

組織紹介

会長メッセージ

暑中お見舞い申し上げます。平素は当連合会の事業運営に多大なるご支援ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。

本年も前半が経過しました。昨年世界中に猛威を振るった新型ウィルス感染症が収束することなく拡大し続け、2度目の夏を迎えました。ワクチンが開発され接種が進展しておりますが、ウィルスも感染力を強めた変異株が出現し未だ収束の時期は見通せません。

わが国においても緊急事態宣言が数次にわたり発出され、会員各社様におかれましても大変なご苦労をされたことと存じます。また、この梅雨も各地で豪雨に見舞われ大きな被害が出ました。欧州からも大規模な水害ニュースが届いております。罹患・被災された方々には心よりお見舞い申し上げますとともに、一日も早く日常生活に戻って頂きますことを祈念申し上げます。

新型ウィルスの影響により私たちの日常、働き方は大きく変容しておりますし、産業構造の変化は勢いを増しています。政府は温室効果ガス排出量実質ゼロを目指して基金を創設する方針を示し、排出量の多いエネルギー分野では民間企業による革新的な技術開発が進んでいます。自動車では電動車が当たり前という状況が数年のうちに到来するでしょう。新型ウィルスによる影響は一部の経済分野で色濃く残るものの、世界経済はいち早く立ち上がった米中を中心として回復傾向にあります。しかしながら、両国の対立は厳しさを増して分断がより鮮明となり、世界的なサプライチェーンの見直しが各方面で議論されております。

ステンレス業界におきましては、需要が昨年の底這い状況から徐々に回復し、半導体関連などは堅調な動きとなっております。資源高騰の中でステンレス原料の価格も上昇し、価格対応は流通にとって喫緊の課題となっております。ステンレスの需要構造も大きく変化する可能性がありますが、ステンレス流通業界が持続可能な産業として発展していくため、優れた素材であるステンレスの特性をアピールし、今後もメーカー殿と連携して新たな用途開発に注力してまいりたいと存じます。

本年6月に開催を予定しておりました当連合会第62回定時総会は、新型ウィルス感染拡大の影響で昨年に続き書面審議となりました。本総会においては、令和2年度事業内容・決算内容の報告があり、規約改訂として非常事態などで会員が参集できない場合の書面表決の規定を設けました。さらに令和3年度の事業計画・収支予算が承認され、昨年と同一の内容で「定時総会宣言」が議決されました。昨年度はステンレス鋼販売技士検定制度ほか多くの事業が開催中止となり、大変残念でありました。本年度は中核事業を含め開催予定としておりますが、状況次第では事業計画に沿った活動の推進が困難な事態も想定されますので、ご理解ご協力頂けますようお願い申し上げます。これからも当連合会の各事業を可能な範囲で充実させるよう努めてまいる所存ですので、ステンレス関連業界の皆様におかれましては倍旧のご協力を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

新型ウィルス対策と猛暑対策を同時に求められると困難な季節を迎えました。皆さま、どうぞご自愛専一になさってください。最後になりますが、各地区流通協会会員各社様の益々のご繁栄を祈念申し上げまして、暑中のご挨拶とさせていただきます。

全国ステンレス流通協会連合会 会長 (株式会社UEX 代表取締役社長) 岸本則之

全ス連の組織・各委員会名簿

全国ステンレス流通協会連合会の組織図は、こちらをご覧ください。

役員名簿

役員
令和3年6月3日現在
会 長
岸本 則之 東京ステンレス流通協会 理事長
(㈱UEX 代表取締役社長)
監 事
星野 理 東京ステンレス流通協会 監事
(藤田金属㈱ 代表取締役社長)
矢作 公一 東京ステンレス流通協会 監事
(千葉金属工業㈱ 代表取締役社長)
なお、副会長は各地区理事長で下記の通り
副会長
青山 雅雄 大阪ステンレス流通協会 理事長
(㈱スチール 代表取締役社長)
伊藤 淳一 名古屋ステンレス流通協会 理事長
(中部ステンレス㈱ 代表取締役社長)
長田 成司 九州ステンレス流通協会 理事長
(MI万世ステンレス㈱ 代表取締役社長)
石丸 朋文 中国ステンレス流通協会 理事長
(㈱菊浜 代表取締役社長)
酒谷 彰男 北陸ステンレス流通協会 理事長
(双葉ステンレス工業㈱ 代表取締役)
遠藤 輝義 東北ステンレス流通協会 理事長
(㈱サステック東北 代表取締役社長)
松尾 広之 四国ステンレス流通協会 理事長
(マツオメタル㈱ 代表取締役)